信州とっておき情報 - 信州(長野県)の観光情報を地元から


今の気温は WeatherEye

信州(長野県)の地元ならではの口コミ観光情報をボランティアで発信しているサイトです。信州への旅行やお出かけのプラン作りなどに観光ガイド役としてお役立て下さい。

温泉 (日帰り施設。掛け流し情報掲載)

季節のイベント・花の見頃
(紅葉キャンプ場花火乗馬イルミネーションスケート場 スポットリスト)

ハイキング・トレッキング・登山コース

美術館・博物館 農と食のスポット

音楽スポット・ホール スキー場リスト

リンク集グルメ宿交通市町村一覧他)

運営方針と特徴・リンクについて

信州の旬のトピック

宿泊割引キャンペーンが県内と近隣県向けからSTART・山岳地も営業開始(7/5)


ニッコウキスゲの咲く
車山高原(写真提供:諏訪市)

7月になり、それまで営業を自粛していた山岳エリアなどの観光地も、感染対策を行い、迷いながらも営業再開する所が多くなっています。ニッコウキスゲが見頃になってきた霧ヶ峰・車山高原のリフト等の施設は7月中旬から本格営業の予定です。6月中は3つの宿のみ営業していた上高地内の施設も、7月中旬までには全て営業を再開し、バスの運行も正常に戻ります。山小屋内や遭難時など感染対策が難しい登山は、北アルプスなどの山小屋が7/15から徐々に営業再開しますが、予約制で定員も制限される予定です。

宿泊施設や観光施設を支援するための長野県の割引キャンペーンは、県内在住者対象の支えあい観光キャンペーンは好評でコンビニの発売分は売り切れ、愛知・岐阜等の近隣7県在住者対象の3000円〜5000円のふっこう割クーポンがJTB等のサイトで利用できます。

アフターコロナは、自然の中の旅・ワーケーション・移住・半移住が人気に?(6/16)

6月から松本城や美術館などの観光施設が段階的に再開され、新たな感染者が1ヶ月出ていないこともあり、長野県内に日常が戻りつつあります。

宿泊施設は、県内のお客さん対象のキャンペーンが6月と7月に行われて、宿泊客が増えてきましたが、宴会などは少なく、観光地のお店も人通りが少なくまだ大変厳しい状況が続いています。

一方、蓼科や軽井沢などの、自然に囲まれ人が少ない場所の宿やカフェなどは人気が出て、満員の所もあるようです。

アフターコロナの時代は、観光地に滞在してテレワークをしながら仕事をするワーケーションや、クラインガルテンのような半農半Xの暮らし、移住・半移住が増えそうです。
Zoomも使ったオンラインセミナーを行うところも増え、安曇野市で6/20(土)と/28(日)須坂市で6/20(土)小諸市で6/27(土)飯田市では平日毎日行っています。

長野県が「観光はお休み中」キャンペーン中。SNS「#おうちでながの」のテイクアウトサイトのご利用を!(4/28)


警備員しか人がいない国宝松本城
「閉城中」の看板

GWでアルプスと田園の景色や咲き乱れるいろいろな花が美しい季節ですが、コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、長野県が休業要請と休業補償を行い、史跡や美術館等の観光施設はすべて、温泉宿泊施設もほとんどが連休明けまでの予定で臨時休業しています。

これまでの観光誘客と真逆の「観光はお休み中」キャンペーンで、上高地も冬季のように閉鎖、登山も山小屋や登山口の駐車場を閉鎖しています。イベントもすべて中止や延期ですが、食材を扱う農産物直売所だけは営業しているところが多いです。

長野県外の方は、特産品のネットショッピングでの取り寄せや、SNSの#おうちでながの(InstagramTwitter)の美しい写真や記事をお楽しみ頂き、県内でテイクアウトのできるお店を利用・飲食店の支援をされる方は特設サイト(長野市松本上田千曲市等)をご覧下さい。

長野県内の感染者は今日現在66人で、自治体や県民の努力で、ここ4日間は新たな感染者は見つかっていません。

軽井沢などへのコロナ疎開や、コロナ帰省の方は細心の感染対策をお願いします(4/10)

なかなか気温が上がらず、水仙や桜がゆっくりと咲き揃って見頃となっている信州ですが、新型肺炎対策で、信州一の桜の名所高遠城址公園は閉鎖され、イベントは軒並み中止や延期となり、旅館など観光業は大打撃を受けています。

そんな中、軽井沢・蓼科・穂高温泉郷などの別荘地や一部のホテルは、関東から「疎開」に来ている方々で季節外れの賑わいで話題となっています。過密の東京圏を離れて別荘内で静かに過ごすことは、必ずしも悪くないと思いますが、買い出しに来られる方や大学が休みのため実家に帰省する学生も多く、感染者が拡散するリスクもあり、悩ましいところです。長野県も感染者が少しずつ増え、21人となっています。

信州の美しい早春を少しだけでも味わいたい方は、人が集まる有名な名所でなく、近くの穴場的なスポットで人知れず咲く花や、里山のハイキングを、少人数で静かに楽しむのがいいでしょう。

台風被害・雪不足・新型肺炎の3重苦の中、春の花は早く咲き出してます(3/2)


長野市松代のあんずの花

昨年の台風19号の被害の後、暖冬による雪不足、そしてコロナウイルスによる新型肺炎と、観光業界には3重苦と言える厳しい状況の信州です。長野県内でも新型肺炎の感染者が2名出て、人が集まるイベントの多くが中止になっています。

そんな中、春の訪れは早く、松本市四賀の福寿草はもう見頃を迎えています。「福寿草祭り」は中止になりましたが、花は自由に見られます。安曇野大王わさび農場のわさびの花も祭りは中止ですが花は咲き始めています。
上田のスイセンまつりは、今年は早めの3/28から今のところ予定通り開催されます。諏訪のザゼンソウの里公園は遊歩道が整備され、3年ぶりに「ザゼンソウまつり」が3/28〜29に開催予定です。
あんずの開花も早まりそうで、3月末〜4月初めと予想されています。写真のあんずは台風の被害からの復興に奮闘中の長野市の松代地区の例年の様子で、あんず祭りを3/25〜4/5に予定されています。

手洗いなどの新型肺炎対策を充分に行いながら、信州の春の自然をお楽しみください。

雪が少なくアクセスしやすい今冬。スキー場や雪・氷のイベントは"ONE NAGANO"の復興スローガンで奮闘中!(1/19)


志賀高原高天ヶ原スキー場(1/18 写真:ホテル銀嶺)

暖冬で全国的に雪が記録的に少なく、長野県内のスキー場も場所・標高・降雪機の台数により、上部のゲレンデだけ滑走可能だったりしていますが、懸命の努力で整備してほとんどのスキー場はオープンしています。

世界有数の豪雪地飯山の雪のイベントとして近年人気のかまくらの里では、地元住民が苦心して1/24のオープンに向けてかまくらをせっせと作られています。例年より予約はしやすいです。

気温も高めですが夜は氷点下になることが多く、氷のイベントの鹿教湯温泉氷灯ろう夢祈願は例年通り開催中。今年は台風の被災の復興を祈願して"ONE NAGANO"のスローガンの元、別所温泉でも氷灯ろうが2/7〜11に行われます。

松原湖のわかさぎ穴釣りは1/17にやっと一部解禁、木曽の白川氷柱群は少し氷柱ができ、冷え込みが続くことが期待されています。

道路も雪が少なく例年よりアクセスは楽ですが、凍結している箇所も多く冬用タイヤは必須です。

がんばろう長野! 農業ボランティア&善光寺参道のイルミネーション(12/8)


被災したリンゴ園(11/23 長野市穂保)

台風19号で千曲川が決壊した長野市のリンゴ畑の信州農業再生復興ボランティアに行ってきました。
樹が丸ごと水に浸かったため収穫できないリンゴ園や1階部分が完全に破壊されている家屋は、ニュースで見るよりずっと悲惨です。全国各地からいろんなボランティアの方が集まっていて、地元の方々が暖かい料理や温泉の無料券などでもてなしているのが救いでした。
農業ボランティアは雪が積もるまでが勝負で、12/15までは募集しています

観光客の減少面による打撃も、千曲川沿いの飯山・長野・上田・佐久の他、長野県全般に影響しています。


善光寺参道のイルミネーション

開催が危ぶまれていた善光寺の参道のイルミネーションは、関係者の尽力で予定通りの日程で2/11まで、復興への願いを込めて行われています。昨年行われた善光寺内のイベントは中止されましたが、2/6〜11には恒例の長野灯明まつりも行われます。長野県内では冬の間、軽井沢など他の場所でも美しいイルミネーションが見られます。
長野市では、全面改築で休館していた東山魁夷館と信濃美術館の内東山魁夷館が10月に改築完了してリニューアルオープンしています。 宿泊料が国の予算で割引される「長野県ふっこう割」も12月中旬から始まります。ボランティアや観光に信州へぜひお越しください!

今年はまだ紅葉が見頃。台風の後奮闘する信州へお越し下さい!(11/11)


軽井沢「シャーロック・
ホームズ像」の紅葉(11/10)

長野県内の紅葉スポットは、今年はまだ見頃のところが多く、昨日行った軽井沢もちょうどピークでした。平地や南信エリアではまだ1週間ぐらい楽しめそうです。
米子大瀑布角間渓谷は残念ながらアクセス道路が通行止めのままで行けませんが、他の紅葉スポットは、一部道路が少し迂回路になる所もありますが、問題なく訪れることができるようです。
県内の鉄道は北陸新幹線が一部減便、別所温泉に行く上田電鉄別所線の一部区間と、しなの鉄道の上田駅〜田中駅間が今週まで、代行バスによる運行となっている他は正常運行となりました。

浸水被害の大きかった長野市の北東地区には、全国からボランティアの方々がお越し頂いています。

台風の影響による交通機関の情報と紅葉(10/17)

国土地理院 [CC BY-SA 4.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)]
長野市の千曲川決壊
箇所(10/13 出典:国土地理院)

台風19号で、長野県内は北部東部などで大きな被害や影響が出ています。特に、写真の千曲川の決壊箇所は日本有数のリンゴ畑等農地と住宅地が広がる場所で、賢明の復旧作業が続いています。
観光面では、県内の道路が一部通行止めで、角間渓谷などアクセスできない観光地や温泉などがありますが、ほとんどの宿・施設・お店は営業して集客に奮闘しています。
問題は東京方面からのアクセスで、北陸新幹線は減便して運行していますが、松本方面への中央線は特急あずさが10月中不通、高速道路は中央道・上信越道とも一部区間が10月下旬まで通行止めで、迂回する必要があります。


例年10月下旬の上高地の紅葉

遅れていた紅葉が始まっていて、志賀高原白駒池乗鞍高原美ヶ原高原白馬八方尾根などで見頃になっています。
標高が低い松川渓谷別所温泉や、人気の奥蓼科御射鹿池と横谷渓谷木曽阿寺渓谷・大峰高原の大カエデなどは色づきはじめです。
台風の影響のない宿や施設も、観光シーズンにもかかわらず、予約のキャンセルなどで大きな打撃を受けています。交通情報をご確認の上、ぜひ紅葉の美しい信州にお越しください。

長野県では義援金ふるさと納税による寄付、各市町村ではボランティアを受け付けてます。

今年も!果物の収穫がピークに(9/16)


収穫したブドウ

9月中旬なのに日中は暑い日も多く、紅葉は例年より遅れそうな信州です。

もう一つの秋の楽しみ、果物の収穫は、ピークを迎えています。
自宅のブドウ棚も収穫を始めました。独特の香りと味があるナイラガラという品種で、栽培しやすくて安価でこの時期にたくさん出回りますが、長野県以外では見かけません。
ブドウの他にも、新リンゴや梨などが、所狭しと直売所や八百屋に並んでいます。今年は、採り立ての味を新幹線を使って東京駅で9〜11月に数回販売するイベントながの果物語り 新幹線マルシェも始まりました。

信州の山や高原は、最高気温が15〜25℃。平地も熱帯夜はなし♪(8/18)

今年も猛暑となり、信州も真昼の日なたは30〜35℃で、お昼に到着された観光客は「普通に暑いね」とおっしゃいますが、湿気が少ないため、木陰や朝晩は涼しいです。最低気温25℃以上の「熱帯夜」は、長野市では7日間ありましたが、長野県内の他の地域では一度もありません。
気温は、高度が1000m上がれば6.5℃下がるそうなので、1,500〜2,000mの黒姫志賀高原美ヶ原乗鞍高原湯の丸高原八千穂高原・菅平・野辺山などの高原は、下界が猛暑の真昼でも20〜25℃程度です。
登山やロープウェイで行く標高2,500〜3,000mの場所、例えば、乗鞍岳新穂高ロープウェイ槍ヶ岳・千畳敷カール・赤岳蓼科山などの山の上は、最高気温15℃のところも。

また、針ノ木や白馬の雪渓や、渓流があり森林浴ができる木曽の阿寺渓谷赤沢自然休養林水木沢天然林も避暑にはいい所です。

ニッコウキスゲなど高山植物が今年はまだ見頃(7/27)

長かった梅雨が明けたのか夏らしくなった信州です。今年は今のところ猛暑にならず、朝晩は涼しく、植物の生育も遅れ気味で、高山植物はこれから夏休み前半に見頃になるところが多そうです。

霧ヶ峰・車山高原ニッコウキスゲは近年は7月上中旬に見頃を迎えていましたが、今年は今満開で、8月上旬まで見られそうです。ニッコウキスゲとブナが美しい穴場的スポットカヤノ平湿原でもまだ見頃です。

高山植物の女王のコマクサも、白馬五竜高山植物園湯の丸高原などで見頃、つばくろ岳・八ヶ岳などの登山コースではまだこれから見頃となります。

夏山シーズン到来♪残雪もようやく溶け、浅間山に続き御嶽山も登頂可(7/6)


昨年火山警戒レベルが
1になった浅間山

7〜8月の夏山登山の季節を迎えた信州です。
今年は冬の積雪量は多くなかったものの、温暖化している近年では涼しい春だったために雪解けが進まず、アルペンルートの雪の大谷も長く楽しめていましたが、6月終わりの雨で一気に雪が溶けた登山道が多いようです。それでも槍ヶ岳等3000m級の登山コースには、まだ1週間ぐらいは一部雪に覆われているのでご注意ください。
コマクサニッコウキスゲ等の高山植物も去年より遅め、これから見頃になりそうです。

活火山の浅間山は、昨年8月に火山警戒レベルが一番弱い「1」になり、今年は内側の外輪山「前掛山」まで登れます。5年前に突然の噴火で多くの方が亡くなった木曽御嶽山も、今はレベル1で、シェルターなどの対策も講じられ、7/1から黒沢口登山道から山頂まで登れるようになりました。
山歩きにお越しの方は、ハイキング・登山コースのリストを参考に、十分な準備でお越しください。

旧開智学校が国宝に指定。2つの国宝建造物を歩いて見られる松本(6/2)


ここのところ、暑かったり夜は寒かったりの信州ですが、花と新緑がとても美しい季節で、中野などのバラ園や、6/16まで開催中の信州花フェスタが賑わっています。

松本では、日本で最も初期に建てられた小学校の旧開智学校が国宝になることが決まり、国宝松本城とともに中世・近代の建築を歩いて巡れることになり、地元で盛り上がっています。
学校建築が国宝になるのは日本初だそうですが、長野県には他に、国の重要文化財である佐久の旧中込学校もあります。

長野県の国宝の建造物は6箇所になりました。他の4つは寺社で、善光寺・上田の安楽寺・大町の仁科神明宮・青木村の大法寺です。

雪中桜・・・信州の桜はまだこれから開花のところも(4/12)


松本城近く元辰巳御殿の桜

長野県内の桜の名所は、今年はばらつきが大きく、暖かかった3月に開花した信州南部の飯田は、満開〜散り始めとなっています。
その後の冷え込みで、他の桜の名所は遅れ、高遠は4/6、上田城は4/5、松本城は4/7に開花し、今週末にかけて見頃となっています。そこに、4/10の雪で、数年ぶりに「雪中桜」が見られました。
北部や標高の高い所はまだこれからです。桜の名所の長野市城山公園、須坂市臥竜公園、池田町陸郷の山桜など、今年は平年より数日遅く今週末にようやく開花する所が多そうです。
安曇野光城山、小諸懐古園、長野市神代桜、大町公園、飯山城跡公園、小布施岩松院大芝高原などは、連休でも桜が見られるかもしれません。
千曲のあんずも開花は早く3/28でしたが、その後ゆっくり進行し、まだ見頃です。

花と緑の祭典が10連休〜6月に長野県初開催!(3/1)


春が早く来そうな今年。山の雪は少なく、里では福寿草の開花の知らせが届いています。桜の開花も平年より1週間ほど早い4/5頃の予想です。

今年は、全国を順番に開催されている花と緑の祭典の「全国都市緑化フェア」が初めて長野県で開催されます。
期間は、10連休直前の4/25から6/16まで。会場は、J1昇格を果たしたサッカーの松本山雅のスタジアムもある信州スカイパークや、国営アルプスあづみの公園など松本・安曇野・大町・塩尻のエリアです。詳しくは信州花フェスタ 公式サイトをご覧ください。

長野県は花卉かきの生産量も日本トップクラスで、花いっぱい運動の発祥の地でもあります。信州各地の花の名所と見頃はこちらをご覧ください。


バックナンバー(過去の「信州の旬のトピック」)

更新情報

重要な変更や各コーナーの最新の変更のみ記載しています。
2020.03.15 季節のイベント・花の見頃に、2020年度の日程を掲載しました。新型肺炎感染防止のため中止や延期となっている春のイベントは情報を随時更新しています。
博物館・美術館温泉などの施設も臨時休館している所が多く、各施設の公式サイトなどでご確認ください。
2019.12.16 季節のイベント松本あめ市ハッピーハロウィーンin塩尻を追加しました。
2019.11.30 温泉長野市の温湯温泉「湯〜ぱれあ」農と食のスポット軽井沢の農産物直売所「発地市庭」を追加しました。
2019.06.02 博物館・美術館旧開智学校を追加しました。
2019.05.06 農と食のスポット伊那きのこ王国を追加しました。
2019.04.21 季節のイベントチューリップ祭りを、以前閉園した千曲市のチューリップの里から、国営アルプスあづみの公園に変更しました。
2017.05.08 ハイキングに、阿寺渓谷を追加しました。
2016.08 スマホで表示したときの文字サイズを大きくしました。またスマホでのメニューの表示方法を変更しました。右上の3本線のボタンをクリックすると、メニューが表示されます。
2016.05 音楽スポット・ホールの長野市民会館のページを長野市芸術館に変更しました。
2015.09 農と食のスポットもろこし街道長門牧場きたやつハム工場美術館ナウマンゾウ博物館など、花の見頃佐久のコスモス街道等温泉黒姫温泉を追加しました。
2014.11 温泉についても、全ページで、消費税アップに伴う料金の変更を反映し、営業時間・定休日・公式サイトへのリンクも見直しました。
2014.07 4月の消費税アップに伴い、美術館・博物館農と食のスポットの全ページで、料金と、開館時間・休館日・公式サイトへのリンクも見直しました。
2014.05 各ページで、近くの宿に加えてレストランなどを検索できるようにしました。『ぐるなび』のAPIサービスを使っています。
また、facebookの「いいね!」ボタンを「シェア」ボタンに変更しました。お気に入りのページをどんどん「シェア」してください!
2013.12 美術館・博物館に今年オープンした満蒙開拓平和記念館を追加しました。
2013.11 各ページの「地図」のリンクが地図サイトの仕様変更で見られなかったのを修正しました。iPhoneやiPadでは地図アプリが起動するようにし、Android系スマホでもGoogle Mapを表示しアプリも選択できるようにしました。
同時に、近くの宿のご紹介を下部に追加しました。リンク先のじゃらんのサイトで宿泊予約もできます。
2013.08 リンク集 - 交通機関の「格安高速バス」の情報を更新しました。
2012.10 豊科ICが「安曇野IC」に改名されたため、「豊科IC」と記載していた箇所をすべて直しました。
2012.06 スマートフォンでの表示を改善しました。トップページ上部に、スタッフのブログの最新記事を表示するようにしました。
農と食のスポットに、産直市場グリーンファームなど、南信の3つのスポットを追加しました。
2012.03 各ページにコメントを付けられるようにしました。Facebookユーザーの方は、皆さん自身の口コミ・「こだわり情報」・ご質問を書き込んで下さい。「いいね」ボタンとツイッターのリツイートボタンも付けています。
2012.01 当サイトからのリンクをすべてチェックし、リンク切れを修正しました。また、ハイキング・ウォーキング・登山槍ヶ岳を追加し、温泉に新しい施設を2つ追加、スキー場リストを最新の情報に更新しました。
2010.06 リンク集 - 県・市町村公式サイトに・「信州うえだ 観光ナビ」を、リンク集 - 宿の紹介と宿泊予約に、「信州公共の宿」を追加しました。
2010.05 リンク集 - 交通機関に格安高速バスと、飛行機に6/1から松本空港に就航するFDAを追加しました。
2010.04 3/31の松本市と波田町の合併に対応し、リンク集 - 県・市町村公式サイトの中信や各コーナーの地図・住所を更新しました。
2010.02 1/1の長野市・信州新町・中条村の合併に対応し、リンク集 - 県・市町村公式サイトの北信や各コーナーの地図・住所を更新しました。
2009.04 清内路村と阿智村の合併により、各コーナーの南信の地図や住所を更新しました。
2007.09 訪問者数が累計100万人を越えました(ページビュー数は300万以上)!
2007.04 スタッフのBlog「信州とっておきブログ」を始めました。
2007.01 美術館・博物館のコーナーを新たに公開しました。
2006.12 季節のイベント・花の見頃「カレンダーで選ぶ」を追加しました。リンク集に、Iターン・田舎暮らし・就農を追加しました。
2006.09 農と食のスポットのコーナーを新たに公開しました。リンク集の市町村一覧のページに、全市町村の位置がわかる地図を追加しました。北信エリアの温泉南信エリアの音楽スポットを新規に公開しました。リンク集特産品モールを追加しました。当サイトが信濃毎日新聞社のコンテスト「信毎ホームページ大賞2006」にノミネートされました。
2006.08 リンク集に、天気と気温宿の紹介と予約グルメ・蕎麦を追加しました。ハイキング・トレッキングコースの全ページにコースマップを掲載しました。
2005.10 RDFリーダーソフトを使うと最新情報がわかる「RSS配信(RDF)」に対応しました。
2005.09 ハイキング・トレッキングコースに、「種類で選ぶ」を追加しました。
2005.07 旬のトピックのバックナンバーを追加しました。
2005.06 リンク集を追加しました。
2005.03 温泉以外の全ページに外部地図サイトへのリンク(許諾済み)を追加しました。ハイキングの各ページに"参考になるWebページ"を追加しました。
2004.12 文字のサイズを大きくしました(ブラウザソフトのメニューにより変更できます)。
2004.07 新規オープンし、まず、温泉音楽スポットハイキング・トレッキングの情報を掲載しました。